読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

373diary

好きなモノを褒める練習をするつもりです。

ダイエット

在宅勤務になってから1年が経ち、自分の体重は大幅に増えてしまった。
健康診断でも、初めて「ちょっと太りすぎだから話そうか」というフェイズが追加されるほどには太ってしまっていた。
一時期は体重が86kg超まで増えてしまっていたが、半年ほど前から体重を落とすことを意識して生活した結果、緩やかな減量の波に乗ってきた感触があるので、実践していることを書き残そうと思う。

 

1. 夕飯では少なくとも主食を抜く

夕飯は基本的に白米を食べていたのを抜き、代わりに豆腐を食べている。
豆腐は結構満足度が高く、おかずと合わせて「君だけの最強の豆腐を作ろう!」みたいなことも、白米と似たような感覚でできるので満足度は高い。
ちなみに、朝と昼はそこまで厳しく制限せず、茶碗に少な目一杯程度は普通に食べている。

デメリットとしては、チャーハンやカレーなどの白飯発展形の食事を出せないことが大きい。二人暮らしなので。

 

2. 野菜から食べる

野菜から食べると酵素で血糖値の上昇が抑えられたり、満腹感を感じやすくなるらしい。詳しいことはきちんと調べていない。

食事の際になにも考えていなかったところに、ほんの少し順番を意識するだけなので負担は全くない。デメリットも特にない。

 

3. 夜遅くに食べない

「寝る3時間前からはがっつり食べない」というのが目標。
夕食はだいたい19時~20時に済ませ、そこからは基本食べない。
少量の間食はたまにする。

 

4. 甘い飲み物を飲まない

水とお茶をよく飲むようになった。
それで気付いたことが一つあるのだが、「なんか好きな飲み物飲みたい」という衝動は、たいていの場合水やらお茶やらを飲んでしまうと抑えられる。
おかげでめっきり炭酸飲料等を飲まなくなった。ついでに言うと、そもそも外で飲み物を買うことも減った。

 

4. 毎朝体重を計る

計るだけダイエット」とも呼ばれているやつ。
詳細な効果を調べているわけではない。
朝起きて、トイレに行って、顔を洗うというルーチンに「体重計に乗る」を追加するだけ。
感想としては、体重が減っていれば続けていくモチベーションになるし、増えていれば気持ちの切り替えや、方法の見直し、前日の反省等の機会になる。

この行為そのものに直接的な減量効果があるわけではないと思うが、ある意味、全てのダイエット方法の起点になっているとも考えられる。. 

 

他にも細かいところはあるが、大きく意識しているのは上の4点。
読んでもらえるとわかるが、結構制限がゆるゆるだ。運動も意識してがっつり行っているわけではない。それでも少しずつ確実に効果が出ていて、現在82.5kgほどまで減量できた。

健康診断の際に「半年で5%減らす」という指標を教えてもらったので、まずは70kg台に乗せるところから頑張っていきたい。単純に太ってるとかっこわるいとかではなく、この年になると健康面で心配なので、そういう面でも。