読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

373diary

好きなモノを褒める練習をするつもりです。

jubeat prop

つい先日稼働したばかりのjubeat propですが、イイ感じです。sauser以降このゲームからまるっと離れていたのですが、グイグイと惹きつけられる何かがこの作品には宿っています。

今日はpropがどんな作品で、どんな魅力があるかというのを簡単にまとめたいなと思います。

(※各画像、楽曲の著作権KONAMI社に帰属します。)

 

まず全体から漂う雰囲気。

jubeatは初代から毎度毎度コンセプトが非常にオシャレなのですが、saucer、copious、knitと比べるととても抽象的なデザインになっています。シアンとマゼンタという原色を、これでもかといわんばかりに主張させているのに、不思議とどぎつい感じはせず、むしろ落ち着いた印象を受けます。

f:id:r4k9:20150227235831j:plain

いい感じにオシャレな雰囲気を出せていると思いませんか?

 

次に、一気にシンプルになった解禁要素。

前作のsaucer macchiatoにあたる今作の解禁要素はstepという、実力指標も兼ねたものになりました。

属性としては初代のランクシステムに非常に近いです。曲をプレイすると経験値が溜まり、そして特定のランクの範囲内で指定されたノルマを満たすとビーズがもらえ、両方の条件を満たすとstepが1上がる、といった内容です。

stepが進むに応じて、新曲やHOLD譜面追加、一部旧曲解禁という報酬が得られます。

実のところ、やってることはsaucer macchiatoと何も変わらないのですが、行動の結果どうなるかというのが直感的に理解できるようになっています。こういうところは凄く大事。

f:id:r4k9:20150228004600j:plain

頑張ると、上がっていく。上がっていくと、曲がもらえる。

 

 また、stepごとのビーズ獲得ノルマは、指定された全ての内容をクリアしないと先へ進めないようになっていて(stepを10進めるのにビーズは10個必要で、ビーズ獲得条件もちょうど10個用意されている)、その条件を満たしながら少しずつstepを上げていくのはそれなりに達成感があるかなと思います。

step99→100のビーズ取得条件が「EXCELLENTで1回クリア」なのもまた初代をやっている人間から見るとニヤリとしてしまう内容ですね。

f:id:r4k9:20150228000809j:plain

373.3の現在のノルマ。主に、次のstepまでの範囲内で指定回数達成するものと、今までの累計で達成するものの2種類がある。

 

propからの新要素として、stepが9、19、29、…、99と、末尾が9になるごとにUNLOCK CHALLENGEというものが発生します。某C社のゲームと完全に名前を被せているところにただならぬ気配を感じますが、性質としては前述のビーズの延長といったもので、指定された曲をクリアすることでロックが解除され、次のstepへ進めるようになります。

「このフォルダに入ると通常の選曲画面に戻れません」的な注意書きが出るので、ボスフォルダっぽくてワクワクします。

f:id:r4k9:20150228001848j:plain

最初のアンロックチャレンジ。条件こそ緩めなものの、存在感があって「がんばろう」と思わせてくれる。

 

そしてゲーム性に直接関わってくる譜面の内容ですが、まずひとつとしてprop新曲の全体的な譜面傾向が昔っぽくなっているなと感じます。が、そもそもsaucerやfullfilをほとんど触れていなく、上手く比較できないのであくまでこれは個人的感想にとどめておきます。

もう一つはpropの目玉要素であるHOLD譜面。ゲームデザイン上、押しっぱなしにするような操作をわかりやすくユーザーに要求できるとは思っていなかったのですが、結構上手い形で実装されました。百聞は一見に如かず、ということで一度見ていただくとどういったものかすぐわかるかと。


【Jubeat prop】 robin [2] hold marker EXT EXC (ホールド譜面 ...

HOLD演出で予約された区間には干渉しない、というルールを追加し新たに譜面を作り直す、という選択は労力を考えると中々できないと思います。スタッフの、propへの並々ならぬ情熱を感じます。

実際、旧曲で新しく追加されたHOLD譜面はHOLD以外の部分も全体的に小綺麗にまとまっていて、どれも遊んでいて楽しい譜面ばかりです。

 

ここまでずらずらと書き連ねてきましたが、読んでくれた皆さんはどう感じたでしょうか。

stepの演出が飛ばせないなど、むむむ?と思う点はいくらかはありますが、それを差し引いても今作はイイ作品になってくれると信じています。

最後に、コンセプト楽曲であり、かつ1クレ遊べば最初に出てくる隠し曲でもある"prop the world"を紹介して、記事の締めとさせていただきます。


【jubeat prop】 prop the world / S-C-U - YouTube

めっちゃ良くないですかこれ。S-C-U新境地ですよ。